• お問合せ

    お問合せ

  • 会員登録

    会員登録

  • ログイン

    ログイン

壁を利用した収納提案 壁面収納!

壁を利用した収納提案 壁面収納!

~ライフコラム プロが教えるお役立ち情報 ~

部屋に収納が足りなくてモノが収まりきらない…、子供の成長とともに知らず知らずのうちにモノが増え続け収まりきらない…、ということはよくあることです。モノの選別の仕方としては、ライフコラム『~暮らしも気分もこれでスッキリ~誰でも簡単!整理・収納術』をご覧いただき、使うモノのみを残すようにしていただきたいですが、どうしても収納家具が必要な場合、どんな収納を増やしたらいいのでしょうか。今回、新しく収納を設置する方法として、VINICE CLUBがマンションのモデルルームに設置した壁面収納についてご紹介いたします。

Step1:モデルルームでの収納提案

部屋に収納が足りなくてモノが収まりきらない…、子供の成長とともに知らず知らずのうちにモノが増え続け収まりきらない…、ということはよくあることです。モノの選別の仕方としては、ライフコラム『~暮らしも気分もこれでスッキリ~誰でも簡単!整理・収納術』をご覧いただき、使うモノのみを残すようにしていただきたいですが、どうしても収納家具が必要な場合、どんな収納を増やしたらいいのでしょうか。
今回、新しく収納を設置する方法として、VINICE CLUBがマンションのモデルルームに設置した壁面収納についてご紹介いたします。

Step1:モデルルームでの収納提案

東急東横線、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅徒歩14分にあるナイスサンソレイユ日吉にVINICE CLUBがモデルルームを作りました。
モデルルーム想定の家族構成は、パパ、ママ、長女、長男の4人家族です。
部屋の広さは70.2㎡の3LDK。収納に関しては、リビングには奥行がある物入れがあり、5.5畳の長女の部屋にはウォークインクロゼットがあります。5畳の長男の部屋は、コンパクトですが天井まである高さのクロゼットがあり、6畳の夫婦のベッドルームには、幅が広いクロゼットがあります。お部屋全体を見ると、収納量は少なくありません。
しかし、子供の成長とともに知らず知らずのうちにモノが増え続け、収まりきらなくなってしまうことはよくあることです。そこで、VINICEお勧めの収納をご紹介いたします。

今回、幅約2,500mmのリビングの壁面に幅2,440mmの収納を、洋室(2)の幅1,230mmの壁面には1,000mmの収納を設置しました。
設置したのは、以前VINICE CLUBオリジナル食器棚を一緒に商品企画しました(株)すえ木工さんの壁面収納「MGver.3」です。

 

リビング

リビングにおける収納は、収納量は増やしたいけれど、できるだけ部屋のスペースを確保しつつ見栄えの良いものを設置しすっきり見せたいと思いますよね。そこで空間を狭くしないように、奥行きは320mmのタイプを選びました。
そして、リビングにはインターホンパネルや床暖房スイッチなどがあるため、全てを天井まで覆う事ができない場合があります。そこで、一部をカウンターにしました。カウンターがあることで、鍵や小物の置き場、お花を飾ったり写真を置くなどちょっとしたものを置くスペースができてインテリアのアクセントにもなります。カウンター部分は760mmの背の低い収納にし、それ以外を約2,500mmの高さの収納としました。
「MGver.3」の商品は、幅400mm、600mm、800mmのユニットを組み合わせる商品で、天井まで収納にする場合は、高さ1,800mmのユニットに上置きのユニットを重ねます。
上置きの高さは200~890mm調整可能で、さらに隙間を調整する扉も組み合わせられるため、オーダー家具ではないですが、オーダー家具のように希望のサイズに近いものが完成します。
また、この調整扉は、背板や棚板がなく扉だけがついているので、内部は床が見えます。ここに掃除機やクイックルワイパーなどのリビングにあると便利な掃除用具や長い物の収納にとても便利です。
リビングは家族みんなが集まる場所で、使うものも多くあります。そこに収納量がある壁一面の収納があれば、文房具や薬、工具、電池、書類、本などをすっきり収納できます。

5.5畳の洋室(2)(長女の部屋)には幅1,000mm、奥行き320mmの収納を設置しました。
こちらの部屋は既存のウォークインクロゼットがあるので、衣類の収納には困りませんが、本や小物を収納するための壁面収納を設置しました。
リビングの収納は、スッキリと見せるために全て扉付きの収納にしましたが、こちらはオープン棚と扉付きの収納を組み合わせています。さっと取り出したい参考書や本はオープン棚へ、細々としたごちゃごちゃしがちなものは扉付きの収納に収められるようにしました。

今回設置したのはリビングと洋室(2)の2箇所ですが、洋室(1)(長男の部屋)は置く家具を工夫しました。2段ベッドのように梯子で登るベッドを配置し、ベッドの下の空間には本や小物、洋服が収納できるようなチェストを置きました。
5畳では子供部屋として狭いとお考えの方には、このようなベッドを選ぶと収納量がアップし、空間を有効的に使うことができます。

今回、設置した壁面収納は奥行き320mmとしましたが、収納量がもっとほしい場合には470mmサイズもございます。また、シリーズは異なりますが、クロゼットとして使える奥行620mmサイズもありますので、ご自身のお部屋に応じてカスタマイズすることができます。
ヴィニーチェクラブの会員様には特別割引価格で販売いたしますので、お問合せは下記のCONTACTからお願いします。

次回は、壁面収納の詳しい仕様や、他の施行例をご紹介いたします。

CONTACT

 

<壁面収納のお問合せ>
ナイスホーム株式会社 首都圏営業部 インテリアギャラリー
お電話でのお問い合わせ
0120-214-005
営業時間 平日:午前9時00分~午後5時30分

フォームからお問い合わせ 

壁を利用した収納提案 壁面収納!
https://www.vinice.jp/wp/wp-content/uploads/2015/10/IMG_3073.jpg

アクセスランキング

  • 1位
    注目を集める木構造 CLTとは?
    レッスン
    注目を集める木構造 CLTとは?
  • 2位
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
    レッスン
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
  • 3位
    すぐできる簡単収納術 キッチン編
    レッスン
    すぐできる簡単収納術 キッチン編