• お問合せ

    お問合せ

  • 会員登録

    会員登録

  • ログイン

    ログイン

自然素材を使ったマンションリフォーム 2016年1月29日〜31日 住まいの耐震博覧会

新築で買ったマンションも10年、20年住んでいると、リフォームを検討し始める方もいると思います。
又、中古マンションを購入し、自分の思うままに全面リフォームをしたいと考えている方もいるのでは?!
リフォームするなら
「環境や体に優しい自然素材を使いたい!」「木そのものの素材や経年変化を楽しみたい!」
「素適なリフォームのアイデアが欲しい!」そんな声がヴィニーチェクラブ会員様からありました。
2016年1月29日~31日、東京ビッグサイトで行われたナイス株式会社の「住まいの耐震博覧会・木と住まいの大博覧会」でヴィニーチェスタッフが、マンションの自然素材を使ったリフォームの提案を行いました。

■Living・Dining

■Living・Dining

中古マンションを自分らしくリノベーションして暮らしたいディンクス世代をイメージして、床は貴重な国産の山桜の無垢フローリングを使いました。

山桜は、赤みが有り耐久性に優れ弾力も有り、磨くと光沢が出ます。
壁面には、100%天然成分からできている調湿・消臭効果が有る、スイスの天然本漆喰「カルクウォール」を使用しました。化学成分を使用していない為、静電気の発生がなくハウスダストを寄せ付けません。
壁面の一部には、米杉の羽目板を貼りました。米杉の羽目板は色の出方が板により異なるので、単調な印象の壁にアクセントをつける事ができます。
ダイニングテーブルはグレーがかったウォールナットとアイアンを組み合わせ、椅子も黒を選びました。ファブリックパネルにグレーを入れ、ウォールナットのテーブルのグレーとリンクするようにモダンに仕上げました。ちなみに、ファブリックパネルはヴィニーチェスタッフの手作りです!時間の経過と共にエイジングの進む無垢を楽しめるリビングとなりました。

 

   

■Japanese Room

戸建てを手放し、終の棲家として購入したマンションに自然素材を取り入れたいシニア世代をイメージしました。
床には桧の無垢フローリングと置き畳を組み合わせ、和室の落ち着いた中にも、現代の暮らしに寄り添う和モダンにしつらえました。フローリングの桧は湿気に強く、強度があり殺菌・駆殺虫の作用も有ります。独特の香りも和室向きです。
壁の一部に墨黒でポイント塗装し、床の間をイメージしました。

■Japanese Room

■Kid’s Room

マンション住まいだけれど自然素材を使い、健やかに子供を育てたいファミリー世代をイメージしました。
床のフローリングには、節の有る杉を使いました。杉は水に強く子供部屋にはお勧めです。色は赤褐色で、肌触りが暖かいので、床材として使うと裸足でも冷たく感じにくい素材です。
壁面には、無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙の「オガファーザー」を使用しました。漆喰の様な質感を持つ天然素材で調湿性があり、何度でもペイントができます。
元気な黄色でペイントし、ウォールステッカーで子供部屋に合う楽しい雰囲気に仕上げました。ウォールステッカーは、子供と一緒に貼るのも楽しく簡単にできるのでお勧めです。

■Kid’s Room
自然素材を使ったマンションリフォーム 2016年1月29日〜31日 住まいの耐震博覧会
https://www.vinice.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/2016-2-1.jpg

アクセスランキング

  • 1位
    注目を集める木構造 CLTとは?
    レッスン
    注目を集める木構造 CLTとは?
  • 2位
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
    レッスン
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
  • 3位
    大地震のときに凶器にならない部屋づくり 大地震に備える!Ⅱ 暮らしの安全対策
    レッスン
    大地震のときに凶器にならない部屋づくり 大地震に備える!Ⅱ 暮らしの安全対策