• お問合せ

    お問合せ

  • 会員登録

    会員登録

  • ログイン

    ログイン

噂のリビセン訪問!

噂のリビセン訪問!

サダです

なんだか夏らしくない夏休みが終わってしまいましたね。

6日間の休みは、ダンナさんの釣り合宿から始まり、その釣果を持って八ヶ岳の実家へ帰省という例年通りのスケジュール・・・笑。そこですっかり旅行気分を味わってしまうので、残りは自宅近辺でのんびりといういつもどおりの平和な夏休みでした!

今回の帰省にはちょっとしたオプションがあって、それが「噂のリビセン訪問♪」です。

長野県諏訪市にある正式名称 ReBuilding Center JAPAN★
ここで噂の・・・なんて書いておきながら、世の中で噂なのかは甚だ疑問ですが、とにかく私の友人・知人(建築・リノベーション業界)では、間違いなくホットな場所・・・のはず!
日帰りで行けなくは無いが(そして友人たちはなぜかこぞって日帰りで行ってきちゃう)、長野だしな、実家の近くだし、そちら方面に行くなら実家に寄りたくなるし、とどんどん先延ばしになって、ようやく行ってきました。

本家のリビセンは、ポートランドのNPOでリサイクルショップ。
解体した家から古材を運び出しメンテナンスをかけて再販するお店で、柱や梁のような構造材から、カウンター、フローリングなどの木材に加え、古い時代に大切に使われていたであろう味のある古家具、椅子、さらには食器や料理道具まで揃っていたりします。

DIYが盛んなアメリカではこういうお店がとても多いそうですが、このリビセンは多くのボランティアが参加する有名なお店で、私もリノベーション関係の本で知っていました。
別のきっかけでフォローしていた東野さん夫妻(medicalaというチームで面白い活動をしていた)が、日本でリビセンを作ると知ってさらに興味津々。本当はお店をオープンする前にリノベーションをお手伝いするサポーターズにもなりたかったのですが、こちらも同じく距離の関係で断念していただけに、念願の訪問となりました。

サダです
木枠のガラス窓だけを組み合わせてコラージュしてあるのが、お店の顔!
もう、これを見ただけで、わくわく、テンションあがります♪
やっぱりマニアックかなぁ?
サダです
こんな感じで、外には大量の木材が!
少しだけ洗って、磨いたりしたらきれいな色が出そうなものもいっぱい。
築50年以上の公民館に張られたフローリングは、もう艶っ々♪
小さい頃から裸足で遊んでいた人が解体の時に様子を見に来た、
みたいなエピソードまで書かれていて、
どこかに使えるとこないかな~と妄想がふくらみます。

 

サダです
サダです

そして、このリビセン。
おしゃれなcafeが併設されていて、古材をフル活用した壁やカウンター、テーブルなど色々置いてあって、上手に使うとこんなステキな空間が作れるんだなぁととっても参考になります。

その日もスタッフではなさそうな(おそらくサポーターらしき)方々が、古材を洗ったり磨いたり作業されていて、本当に楽しそう!
ここまで書いてきて、やっぱりとてもマニアックな情報かな・・・と思いつつ。
興味を持った方はぜひのぞいてみてください!

ReBuilding Center JAPAN
http://rebuildingcenter.jp/

こちらもおすすめ
桜花園・葉山
http://okaen.life.coocan.jp/

噂のリビセン訪問!
https://www.vinice.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/DSC_0803-1.jpg

アクセスランキング

  • 1位
    注目を集める木構造 CLTとは?
    レッスン
    注目を集める木構造 CLTとは?
  • 2位
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
    レッスン
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
  • 3位
    大地震のときに凶器にならない部屋づくり 大地震に備える!Ⅱ 暮らしの安全対策
    レッスン
    大地震のときに凶器にならない部屋づくり 大地震に備える!Ⅱ 暮らしの安全対策