• お問合せ

    お問合せ

  • 会員登録

    会員登録

  • ログイン

    ログイン

おすすめBOOKおすすめBOOK

あなたにあったライフスタイルを提案します

  • 自由で気ままに For Single

    自由で気ままに For Single

  • 夫婦でお洒落に For Dinks

    夫婦でお洒落に For Dinks

  • みんなで仲良く For ファミリー

    みんなで仲良く For ファミリー

  • セカンドライフもアクティブに<br />
For シニア

    セカンドライフもアクティブに
    For シニア

最新おすすめBOOK

安くて良いものベストブック2018
晋遊舎

  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

収納上手にならなくてもいい 片づけのルール
成美堂出版編集部

  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

はじめての小さな庭づくり
成美堂出版
山元 和実 (著)

  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

4つのライフステージにあった本をご紹介

  • Solo
    -ソロ-
  • Duetto
    -デュエット-
  • Ensemble
    -アンサンブル-
  • Legate
    -レガート-

安くて良いものベストブック2018

2018.06.19[火]
晋遊舎
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

様々な日常品をテーマに比較検証する雑誌“LDK”の別冊です。

キッチン用品や収納用品、食品、化粧品まで、お金をかけずに素敵な暮らしを叶える285品が掲載されています。

たとえば・・・ ダイソンとマキタの掃除機や、イッタラとIKEAのお皿、無印良品とトップバリューのオープンシェルフなどなど、見た目のデザインや素材、使い勝手、そして価格の比較が掲載されています。

品質・素材・デザインすべてにこだわった逸品を選ぶか、毎日がんがん使うのもなのでコスパ重視で選ぶか、それは人ぞれぞれ・・・ざっと目を通すだけでもおもしろい内容です。

すべてにお金をかけられれば最高ですが、なかなかそうもいかないのが現実。でもやっぱり毎日の暮らしにはこだわりたいと思っているかたにおすすめです。By ナカタニ

収納上手にならなくてもいい 片づけのルール

2018.06.08[金]
成美堂出版編集部
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

毎日仕事に家事に育児にと追われているうちに、だんだんと部屋の中が荒れていきます。

とりあえず物を置いてあるだけの部屋や、とにかく仕舞ってしまおうと詰め込んだ、娘のかわいい服やお気に入りの食器などを見ると、あ~片づけたい、納めるべきところに物を収めたいと思います。

常にそんな願望を持っているので、収納の本はよく読むのですが、今回ご紹介する「片づけのルール」は写真で具体例がたくさん掲載されているので、楽しく読むことが出来ます。

片づけはモチベーションからだと思いますので、掲載内容を参考にすると同時に、楽しく読んでモチベーションを上げてみて下さい。(モチベーションがあっても、なかなか片づけの時間がないのが悩みですが。)

「収納のルール」「もの選びのルール」「インテリアのルール」とシリーズになっていて、それぞれ楽しく雑誌のように読めます。

byさっちー

はじめての小さな庭づくり

2018.05.31[木]
成美堂出版
山元 和実 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

ガーデニングと言うとお庭をたくさんのグリーンやお花で埋め、しっかりメンテナンスしなければ!と力んでしまいがちですが、この本は玄関先のちょっとしたスペースや狭いスペースから楽しもう!というスタンスの本です。

どんな小さなスペースでも庭を作れることやたとえ枯らしてしまっても落ち込まない、最初から完璧を求めない、などガーデニングのハードルを下げ、取り組むことができます。

そして、センスの良い施工例がいくつもあるのでグリーンとお花の組合せなど参考になります。

どんどん読み進めると自宅の庭いじりやプランターいじりをしたい衝動にかられること間違いなし!

ガーデニングに興味がある方は是非読んでみてはいかがでしょうか。

By.あかしぃ

ウドウロク

2018.05.09[水]
新潮文庫
有働由美子 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

あの。有働さんのエッセイ。
NHKをこの春退社されてしまった、あの有働アナ。仕事をしていれば、風邪で休みでもしない限り、あさイチは見れない。それでも、何かにつけて、いのっちと有働アナの立ち位置やフラットな振舞い方などを知ってはいて、なんとなくずっと好きだった。なので、降板と同時にNHKをやめてしまったのは、ひとりで何気に衝撃を覚えたし、あの気さくな感じの有働さんはしばらく見れないのね。なんて寂しくも思った。

で、たまたま出会ったこの本。そうは見えないけれど、クロいらしい。ご自分で言うには。だから、なにげに毒も吐いている。はつらつとなんとなく楽しそうに。仕事に、恋愛に、人間関係に、NY支局勤務時代のこと、エッセイの唯一の条件として出版社に言われたらしいあの「脇アセ」騒動のこともしっかり書かれている。笑

仕事をしている40代の一女性として、 とっても普通にフラットな視点で自由に書かれていて、近くにいたら思わず本人に話しかけてしまいそう。もちろん、あれだけの位置まで行った人ですから、その努力や苦労、機敏さも垣間見れる。

色々頭がパンパン!みたいな時に、脳をほぐしてくれそうな気軽さで、さらりと読める、素敵なエッセイでした! By サダ

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

2018.05.08[火]
新潮文庫
森下 典子 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

友人にすすめられた本ですが、私もみなさんにおすすめします。

本のタイトルを見て、なんだかほっとしそうだな、と感じたとおり、読み終えて軽やかな気分になる本です。著者の自伝エッセイですが、少し年上の人だから、わりと等身大で理解できます。

たまたま私も「茶道」をはじめていたこともあり、お稽古に行くときの心境や、先生の言うこと、さまざまな状況に共感できました。お稽古に通いながら、不思議に感じていたことを誰かに話すことはなかったので、この本を読んで納得することもありました。不思議だったのは、点前をマスターしていないのに、毎月の稽古内容は同じことを繰り返すわけではなく季節ごとに異なっていたわけが理解できましたし。茶道というと硬いイメージですが、日常のお茶をいっぷくと同じです・・・。

おもてなしの「お茶」と、もてなされる「お茶」を交互に、季節を感じながらゆったりとした時間をもつことが幸せだなと共感。心を落ちつかせる時間をもつことの大切さも感じました。
今年映画公開になるらしいので、それも観て感じてみたいです。皆さんも読んでご覧になってみては。Byエバ

アクセスランキング

  • 1位
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
    レッスン
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
  • 2位
    注目を集める木構造 CLTとは?
    レッスン
    注目を集める木構造 CLTとは?
  • 3位
    すぐできる簡単収納術 キッチン編
    レッスン
    すぐできる簡単収納術 キッチン編