• お問合せ

    お問合せ

  • 会員登録

    会員登録

  • ログイン

    ログイン

おすすめBOOKおすすめBOOK

あなたにあったライフスタイルを提案します

  • 自由で気ままに For Single

    自由で気ままに For Single

  • 夫婦でお洒落に For Dinks

    夫婦でお洒落に For Dinks

  • みんなで仲良く For ファミリー

    みんなで仲良く For ファミリー

  • セカンドライフもアクティブに<br />
For シニア

    セカンドライフもアクティブに
    For シニア

最新おすすめBOOK

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
KADOKAWA
西原 理恵子 (著)

  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

ハッチとマーロウ
小学館
青山七恵 (著)

  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

デスクと気持ちの片付けで見違える、わたしの仕事時間
ワニブックス
Emi (著)

  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

4つのライフステージにあった本をご紹介

  • Solo
    -ソロ-
  • Duetto
    -デュエット-
  • Ensemble
    -アンサンブル-
  • Legate
    -レガート-

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

2018.04.05[木]
KADOKAWA
西原 理恵子 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

漫画『毎日かあさん』、そして現在は高須先生のパートナーとしても話題の、西原恵理子さんが、いまどきの女の子たちに向けたメッセージ。

漫画家を目指して高知から上京、夢を叶えるため常に自分の力で数々の苦難を乗り越えてきた著者が、今まさに反抗期真っ只中の娘にむけて送るメッセージ。

そこには、父親の自殺やアルコール依存性の元ご主人からのDV体験など、数々の苦難を乗り越えてきた著者だからこそ発せられる、とっても深い~い言葉が。

うちの娘もやっとこさ将来の夢をみつけ、反抗期卒業の気配。
ほんと女の子の反抗期って、こじらせると長いですねー
母親と娘は同じ女だから、尚更たちが悪いのかもしれませんね!

“立派な言葉は世の中に溢れているけど、本当に覚えておかなければならないのは、転んだ時の立ち上がり方。長い人生 人は何度もころぶ その時、腐らず立ち上がる方法”

“王子様を待たないで、幸せは自分で取りに行く、ダイヤもお寿司も自分で買いましょう!”

将来の夢がなかなか見つからなくて反抗期真っ只中の女の子はもちろん、すべての女性に読んでほしい1冊です。 Byナカタニ

ハッチとマーロウ

2018.03.16[金]
小学館
青山七恵 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

芥川賞作家・青山七恵さんの描く、かわいらしい双子の物語です。

11才の双子・ハッチとマーロウのお母さんが、ある日「大人を卒業します」宣言をします。

その日から、2人は学校に行きつつ家事をこなし、わがままなママの相手をする大変な日々!かわいいふたりが、色々なことを感じたり悩んだりしながら成長する物語です。

時折出てくる、素直な子供ならではの鋭い疑問が、読者をはっとさせます。双子が自然の中でのびのびと遊んだり悩んだり、風景描写がたくさん書かれていて、ぜひ映像化して欲しい作品です。 
Byさっちー

デスクと気持ちの片付けで見違える、わたしの仕事時間

2018.03.01[木]
ワニブックス
Emi (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

前回も同じ著者の本を紹介しましたが、今回は主に仕事のやり方やデスクまわりの片付けについての内容です。
著者と同じく私も整理収納アドバイザーですが、書類関係の片付けは正直なところ少し苦手で只今勉強中です。著書にある仕事がしやすくなる片付けや効率よく仕事をするための工夫は参考になります。

私は平日、子供のお迎えがあるので限られた時間で効率良く仕事をすることを何より大事に考えています。ワーキングママ以外でも最近は残業は悪とする会社が多いので、子供いるいないに関わらず効率良く仕事をするための簡単なヒントがたくさんちりばめられおり、どなたでも参考になると思います。 By.あかしぃ

青春を山に賭けて

2018.02.16[金]
文春文庫
植村 直己 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

平昌オリンピックもりあがっていますね。冬のスポーツは、寒くて、環境が厳しいというのに、この季節ならでは魅力があります。
登山はオリンピック競技ではないけれど、クロスカントリーを見ていたら雪山が気になりました。標高が高ければ年中、冬山です。
冷たくて寒い、厳しい環境だというのに、タレントのイモトアヤコさん、大学生の南谷真鈴さんが南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフにチャレンジしているではないですか!
男性ならともかく、若い女性が、「冒険家ではありません」と言いながら、華やかに活躍している現代に驚き、感心します。この人たちのおかげで私は映像を楽しめるからいいのですが・・・。
でも、もし私が学生の頃にこの本に出会っていたら、私も登山チャレンジしたくなっていたかも!?なんて思う本です。もし私に男の子供が産まれたら、読ませたいと思った記憶があります。

植村さんが登山目的のために、どんどん前へ進み、場所を変えて働き、潔く行動する姿が、あっけらかんとかかれていて、楽に読めます。登山の苦しさは全くない。周囲の家族に心配ばかりかけていても、後ろをかえりみない無邪気な好奇心に「青春」「冒険」ってかんじで、気持ちがよいです。
このときは無事に帰ってくるから安心して読めます。五大陸最高峰が、簡単そうだと勘違いするくらい。
日本人ではじめてエベレストに登頂し、世界で始めて五大陸最高峰を踏んだ植村直己・・・名前は知っていましたが、やんちゃな男性をそばで見た気がしました。登山に興味がなくてもおすすめです。By エバ

旅する木

2018.01.26[金]
文春文庫
星野 道夫 (著)
  • Solo
  • Duetto
  • Ensemble
  • Legate

1996年、この方が亡くなった時のニュースをなんとなく覚えている。アラスカに魅せられた写真家、探検家。この人の本を読み、写真を見て、アラスカに惹かれていった友人を何人か知っている。

地球探検隊という旅行会社の中村隊長(社長だけど)のブログで、あるとき、この本の一文が紹介された。

「いつかある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕陽を1人で見ていたとするだろう。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんな風に伝えるかって。」

「写真を撮るか、もし絵が上手かったらキャンバスに描いて見せるか、いや、やっぱり言葉で伝えたらいいのかな?」

「その人はこう言ったんだ。自分が変わっていくことだって・・・その夕陽を見て、感動して、自分が変わっていくことだと思うって。」

30代前半だった私は、この言葉がとても気に入って、何度も読み返し、それ以降毎年その年の手帳の最初のページに書き写すほどだった。でも、この本は、その後もネットなどでは探さないでいた。いつか自分にとって本当に必要になったときにきっと出会うだろうと思って。

ふと入ったブックカフェで出会ったのは、4年前。ずっと恋い焦がれていた人にようやく会えた気分だった。

単なる紹介本ではなく、アラスカの自然・歴史・住む人々に星野さんの感性を通して深く触れ、一緒に旅しているような気分になる本です。    Byサダ

アクセスランキング

  • 1位
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
    レッスン
    目からウロコ 魚焼きグリルの簡単レシピ
  • 2位
    注目を集める木構造 CLTとは?
    レッスン
    注目を集める木構造 CLTとは?
  • 3位
    すぐできる簡単収納術 キッチン編
    レッスン
    すぐできる簡単収納術 キッチン編